案外、引越し料金には、相場と定められている必須の料金に数割増しの料金や、それとは別の料金をオンする時があります。一律のところで言うと、日祝(場合によっては土日祝)が20%増し、朝早いなどの時間外割増が25%と決定されています。単身赴任など単身者の引越しは、運搬する物の嵩はそんなにないので、引越しだけ受け付けている企業ではなく、大きなトラックを持っていない配送業者でもOKなのがメリットです。ビジネスモデルとして赤帽もそれに属します。
4月に引越しを終える前に、移り住む先のインターネット利用の可否をちゃんと確かめておかなければとてもダメージを受けるし、
とても難儀なことになって、後悔するかもしれません。

今なお「大安」などの運勢のよい日は引越しが集中しやすいので、サービス料を値上げしています。
引越し業者毎に日にちによる料金設定はピンキリですから、早めに尋ねておくようにしましょう。

例えば一家庭の四人分の荷物がある事例の引越しをイメージしてみます。
近い所への典型的な引越しと見なして、概括的に言うと1万円台後半から20万円台半ばが、相場なのではないかと捉えられています。
小さくない引越し業者と、大きくない会社が類似していないところといえば、約まる所「お金の違い」だと考えます。

大きな会社は大きくない会社の金額と比較すると、数千円から数万円ほど数割増しになります。意外と、単身者の引越しは、
持っていく物の量は少量なので、引越しだけ遂行している業者ではなく、小さな配送業者でもOKなのが他とは違う点です。

有名な業者に赤帽というケースがあります。
手があかないから、著名な会社なら堅いはず、見積もりは面倒くさいと、漫然と引越し業者を見繕っていないでしょうか?
ぶっちゃけ、それは余分なお金を使っていることになります!

新しい暮らしへ向けて引越しをする前に、引越し先のインターネットの状態を大家さんから教えてもらわないとずいぶんダメージを受けるし、ひどく手間のかかる毎日が待っています。

独居・人生最初の単身の引越しは帰するところ、事実上の搬出物の重量を断定できずに、
お手頃な価格でOKだろうと予測しやすいですが、思い込みが悲劇の始まりで追加料金が上乗せされたりしてしまいます。

国内での引越しの相場が、ざっくりと理解できたら、要望に応えられる複数社に割引してと頼むことにより、
案外安い金額で首を楯に振ってくれることもあるので、言わない手はありません。特別な容れ物に、
適当な量の荷物をセットして、他者の運送品と分けないで行う引越し単身パックをチョイスすると、
料金が想像以上に割安になるというのは知っておいたほうが良いでしょう。

全国展開しているような引越し会社を使うと確かだとは思いますが、それ相応のサービス料を提示されると思います。
もっと手頃な金額でまかないたいのなら、大規模展開していない引越し業者を選んでみるのもおすすめです。

この頃は、インターネット一括見積もりを使用すると、4~5社くらいの引越し業者を簡単に比較検討することが可能なため、
どの業者よりも財布に優しい引越し会社をいち早く見つけ出すことができるようになりました。

夫婦での引越しの相場が、ざっくりと理解できたら、条件の揃った複数の引越し屋さんと折衝することにより、
思いの外安価な料金にしてもらえることも有り得るから、言わない手はありません。

色々な引越し屋さんの見積もり料金を提供されたら、隅々まで比較検討しましょう。
この状況で各々の願望に応えてくれる引越し業者をざっくりと選んでおくことをオススメします。
近距離でない場合は、可能な限り引越しの一括見積もりサイトを使ってください。

引越し業者が請け負ってくれる場所か、もう一つはどのくらいの対価が必要かなどの内容を短時間で把握できます。

引越し時の困り事

社会人・学生など、多くの人は引越しを経験しているのではないでしょうか。
大学へ入学するため、転職・転勤のためなどなど、理由は様々かと思います。

かという私も大学入学時・卒業時、入社時、転勤時と何度も引越しを経験している身です。
引越しで大変なことは何か、と聞かれた場合多くの人は荷造りと答えるのではないでしょうか。

自分の荷物をダンボールへ入れて整理する作業、もちろん大変です。
ですが私は思うのです。そこで大量に出てくるゴミの処分、そちらも非常に大変なのではないかと。

私自身も引越し時の荷造りは大変でした。
ですが、やはりそれ以上に出てくる大量の要るか要らないかが自分でもよくわからないゴミ候補の数々。
それらに対し一つ一つ必要・不要を考えることに頭を使うことが大変だったと記憶しています。

明らかなゴミならまだしも、微妙なものや処分に困る大型の物などに困ると、
ギリギリに引越準備をすると正直焦りますよね。

どうにかささっと仕分ける方法はないのでしょうか。
あれば引越しもかなり楽になると思うのですが...

どなたかご存知であればぜひ教えて頂きたいものです。

同じ町から同じ町への引越し

大学の時に同じ町内で引っ越しをしました。
物件の条件が当時の家より良かったので決めました。

距離にして500mもあったかどうかの引っ越しだったので業者は使いませんでした。
なんとなくもったいなくてです。
そのかわり友人に手伝ってもらいました。
500mということで微妙な距離だったので、大きいものは台車を借りて、洗濯機などを運びました。

それがちまちまとがたがたと道を歩くので、体力を微妙に奪っていきます。
他にもテレビなどの大物はそうやって運んだのですが、これが本当に微妙に体力を奪うので、
全員へとへとになっていました。

車(乗用車)も借りたので、荷物はそこに入れての移動と台車のみでした。
一人暮らしでも2tくらいは軽くあるものなんだ、ということを改めて知りました。

これから引っ越す人には参考にしてもらいたいです。
物が多い人で一人2tは埋まると思います。
当時は乗用車でほぼ運び出し、大物は台車で、他は段ボールを歩いて持って行きました。
本当に疲れました。今でも業者を使わなかったのは正解なのかどうかはわかりません。

海外から日本に引っ越ししました。

私はずっと海外生活をしていて、最近日本に戻って来ました。
急がないものはなるべく船便で送って料金を安く済ませましたが、
すぐに必要なものはすべて空輸しました。

それでも運べないというより、運ぶより日本で新しく購入したほうが安いという理由で、
たくさんの家具や生活雑貨を捨ててしまいました。

経済だけでなく資源の意味からもとてももったいないことをしたと思います。
日本に来てからいろいろな家具や生活雑貨をまたほとんど一からそろえましたが、
ひょっとしたらまた海外転勤になる可能性もあります。

もうないことを祈って、一式そろえましたが、
もし海外に戻るようなことがあったらどうしようとひやひやしています。

でもそうなったら、今度は日通さんの海外引越しを頼もうと思います。
多少まとまったお金を払っても、持ち歩くのなら良い家具が買えますし、
何よりいちいち買い物したりする手間も省けますので。
ただ、問題はやはり家の大きさと家具のサイズが合わないことです。

たとえばアメリカでは家がとても広いので、日本の家具では小さすぎたり、
逆にアメリカで買った家具を持って来ようと思うと今度は大きすぎたりします。

次にどこの国で暮らすことになるのかはわかりませんが、そういうことを考えると、
やはり異なる国間での引越しというのはかなり大変です。

県外への引っ越し

私は以前、彼の仕事の事情で北海道から千葉県に引っ越しをしました。
荷物は先に引っ越し屋さんにお願いし私たちは先に飛行機で千葉県へ。

まったく違う地域での新生活。
期待もあり楽しみでもあり。

だけど自分の家族や友達も誰1人いなくて不安もたくさん。
新居についても荷物の到着まで数日あったのでとりあえず外食やお弁当など食べて過ごしてました。

北海道と千葉県じゃ季節が同じでも気温が全然違う!雪がないことにびっくり!
ブーツはく意味あるのかな?ぐらいに思いました。

北海道ではブーツはおしゃれ長靴みたいな存在なので、でも関東は風が冷たい!
セーコーマートがない事にもびっくりしました!

荷物が届いて新生活がスタートしてからも発見がいっぱいでゴミ袋の使い方も
北海道とは違い戸惑いました。

ですが知り合いもいないので購入するお店の店員さんに聞いてみたり少しずつなじんだ?のかな?

家賃貸は思ったより安く間取りも良かったです。
隣の東京都内だと金額が全然違うんでしょうね。

関東だから高いと決めつけていた私は田舎者丸出しでしたね
今はまた北海道に戻ってきて暮らしていますが千葉にいた頃が懐かしいです。

夏はかなり暑くて道産子にはかなりこたえましたが関東に遊びに行った時には
前の家を見に行ってみようと思います

引っ越しで大切な事

| コメント(0) | トラックバック(0)
引っ越しとは馴れた場所を離れて、新たな所に住むという事で寂しい気持ちや、ワクワクする気持ちなど、色々な感情が出てきます。自分は引っ越しが多い方です。

そこで何度かしているうちに、最初に色々と準備しておいた方が良いと思う事がありました。
まず、下見は必ず行く事です。

当たり前の事だ、と思われますが行かずに決める人も多いです。
私も下見なしで実際住んで後悔した事がありました。
大体は見取り図で 分かるのですが実際行ってみると、階段が急で危なかったり、雨が降ったら濡れてしまうような所にポストが置いてあったり、という事がありました。

部屋の中もしっかり確認します。
一番良い確認方法は、自分が疲れたときに、更に疲れてしまうような場所なのかどうか、という事です。

疲れているのに階段が急だったり、ロフトベッドで上に登ったり降りたりするのも大変、など一見見落としてしまいそうな単純な事を事前にしっかり確認し、自分にあった引っ越し先を見つけることが、非常に大切だと思います。

引っ越しとは、自分の環境が変わることなので事前に準備して快適に過ごしたいものです。

引っ越しの梱包サービス初体験!そして失敗

夏、夫に転勤の辞令が出て、数週間で引っ越しをすることになった。
幼児を含む子供4人を抱えて総勢6人分の荷物の梱包...いったい何日徹夜するんだろう?
と途方に暮れた時、夫から「梱包サービスも使っていい」という素敵な情報が!!

見積もりに来た営業担当者から「梱包当日まで普通通り生活してていいですから」と
ズボラ主婦には嬉しいお言葉をもらい、それを真に受けホントにそのまま生活を送って、
いよいよ引っ越し前日、梱包部隊到着。

すぐに梱包開始。
リーダーの指示のもと、ものすごい速さで荷物が包まれていき、
リビングに段ボールの山が築かれていく。

依頼主の私は各荷物の行先を指示して歩かなくてはいけなかった。
途中、「えーっと...」と悩んでると作業が止まってしまうのでこっちも必死。

しかも「それは捨て忘れた不用品」と言いたくなるものも色々発掘され、
恥ずかしくなる場面も多々あり、荷物の何割かは不用品と思うと梱包係の方に申し訳ない。

よく考えれば当たり前なのだけど、
梱包サービスを利用する場合でも引っ越し前の不用品の処理と荷物の分類は必要。

梱包サービスを利用しての引っ越しをする際は要注意!

引越し屋さんのありがたさ

引っ越したのは8年前の3月。
大学に通うための初めての引っ越し。初めての一人暮らし。
心配性な両親だから、少しでも安心なところを、と探し回って見つけたアパート。
駅から近く、鉄筋で新しいきれいな学生専用アパートの4階の部屋。
4階からの景色はちょっと高くていい感じ。
<!--more-->
そしていよいよ引っ越しの日。
大きな家具は新しく買ったから電気屋さんが運んでくれるし、
一人暮らしだから荷物の量もしれてる。

わざわざ引越し屋さんに頼まなくても大丈夫だよね、
と一家4人総出で引っ越しを開始しました。
車で2時間弱、ようやくアパートに到着。

さぁやろう!とやり始めて数分後、ちょっと後悔し始めました。
やっぱり業者に頼めばよかったなぁと。
なぜなら部屋は4階、そこに行くには階段しかありません。

その階段も人ひとりが通れるくらいの幅。
そこを段ボールを抱えてあがっていかなければなりません。

重い荷物をふたりで持ってその階段をあがる場合は本当に大変です。
しかも4階まで。
今度引っ越すときは絶対業者に頼もうと誰もが思った一日でした。

引越しのコツ

我が家は転勤族なので、引越しは今までに3回経験しました。
もう慣れたでしょうと言われますが、手際が悪いのでなかなか予定通りいきません。

幸い、引越し会社は会社が手配してくれるので比較などはした事がありません。
引越し会社から荷作り方法などが載っているパンフレットをもらうと、
引越しスケジュールが書いてあるので使っています。

引越し何日前までにこれをやる、など結構細かく書いてあります。
それに沿って役所への届けや、公共料金の手配をします。
公共料金は早くから受付してくれますし、電話で終了できるのでとても便利です。

荷作りは自分でしないといけないので、使っていないものから詰めていきます。
詰めながら必要のない物を捨てたりと手際よくやらないといけないのですが、
なかなか上手くいきません。

いかに手際よくわかりやすく荷作りする事が、後の作業のやりやすさに響いてくるのです。